スポンサードリンク

Linuxを賢く使おう! > Fedora > Fedora EPEL 〜 RHEL、CentOS ユーザに朗報

Fedora EPEL 〜 RHEL、CentOS ユーザに朗報

Fedora EPEL 〜 RHEL、CentOS ユーザに朗報

Fedora EPEL とは Fedora 用に開発しテストされたハイクオリティなパッケージ(特にExtras)を Red Hat
Enterprise Linux (RHEL)
RHEL 互換のディストリビューションである CentOSScientific
Linux
上で利用できるようにすることを目的とした Fedora プロジェクトの特殊パッケージだ。

Fedra 用のパッケージを RHELCentOS 等で利用できるようにするという目的を達成するために、できる限り Fedora プロジェクトと同じガイドライン、ルール、ポリシー、 インフラストラクチャを利用して Fedora プロジェクトと密接に作業をおこなっているらしい。

問題に遭遇した場合にも Fedora EPEL だけのソリューションを作るのでなく、Fedora の開発グループと他のパーティーが一緒に作業し、ユーザーやパッケージの作成者を混乱させたり、FedoraEPEL 間でのパッケージのポーティングを複雑にするようなことを避けている。

これにより RHELCentOS のユーザは Fedora 用に作成されたパッケージが手軽に利用できるようになる。
カテゴリー: Fedora   タグ: Fedora RHEL CentOS ELSP

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。